2006年10月09日

家族ゲーム

監督 森田芳光
出演 松田優作 伊丹十三 由紀さおり 宮川一朗太

松田優作が家庭教師役で受験生宅でのやりとりを描いた
異質な作品です。話自体も、そんなに大事件が起きる
わけでもなく、、、でも変わった作品です。
登場人物がクセのあるキャラ&行動をとり、何とも
いい表せない不思議な映画です。
ラストが印象的です。松田優作=アクション映画
というイメージしか無い人には、是非観てもらいたいです。
posted by フツラマ at 12:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。