2006年10月09日

ガタカ

監督 アンドリュー・リコル
出演 イーサン・ホーク ユマ・サーマン ジュード・ロウ

自分の人生がDNAで全て決まってしまっているという、考えると
怖いSF映画。主役のイーサンホークが、決められた人生を変えるために、
別の人間(ジュードロウ)に成り済まして生きていく、、、と
サスペンスちっくですが、未来社会、特に発射場等の非常に映像が
綺麗でした。ラストが、うーむ、と考えさせれる話です。
posted by フツラマ at 12:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。