2006年10月10日

バトルロワイヤル 特別篇

監督 深作欣二
出演 藤原竜也 前田亜季 山本太郎 栗山千明 
   柴咲コウ 安藤政信 ビートたけし 

色々と世間を賑わした問題作。テーマ自体が同級生を
殺し合うというショッキングまもの。原作を最初に知り、
映画化されると聞き、自分はまず観ない(残酷なのは苦手)
と思ってたのですが、あまりに話題なので観てしまいました。
当初の予想に反して、確かに描写は残酷な場面が多々
ありましたが、人間って?社会って?倫理って?
と考えさせてくれました。
個人的には、特別編の方が好きです。
ラストシーンにおいては、公開版は子供に向けて、
特別篇は大人に向けてという感じがしました。
posted by フツラマ at 20:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

柴咲コウのこころ
Excerpt: 知り合い曰く「柴咲コウは確かにうつくしい」とのこと。個性的で仕方がありません。でている雑誌をチェックしている人は多いでしょうね。柴咲コウ抜きに今の芸能界は語れません。 雑誌は欠かさずチェックしています..
Weblog: 柴咲コウのこころ
Tracked: 2006-10-16 13:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。