2012年09月17日

「天地明察」を観てきた

今日、映画「天地明察」を観てきました。
囲碁に関連しているというのがきっかけで観に行ったのですが、
囲碁の知識が無い人でも十分楽しめる作品でした。

囲碁棋士で天文暦学者の安井算哲(渋川春海)が、当時の
誤差のある暦から精度の高い新たな暦を作り出すまでの物語です。

決して派手な展開が多い訳ではないですが、暦を作り出そうとする
目的の為に、一途に突き進む主人公の姿が魅力的でした。
数学、天文学から暦を導きだす場面を観ていると、今更ながら
改めて数学の勉強をしてみようかななんて(^^;
脇を固める役者や、久石譲の音楽が映画をさらに味わい深いものに
したと思います。

また結構、囲碁が重要な場面で登場してくるのでこれがきっかけで
興味を持つ人が増えるといいなと、、、。
posted by フツラマ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292998066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。