2007年01月14日

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

監督 スティーブン・スピルバーグ
出演 レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス
   クリストファー・ウォーケン マーティン・シーン

両親の離婚をきっかけに単身ニューヨークに出てきた
ディカプリオ扮する少年がお金に困り詐欺を働く。
その詐欺事件を追いかけるのがトムハンクス演じる捜査官。
二人の追いかけっこが観ていてドキドキさせられます。
特に驚いたのがこの話は実話が元になっている事です。
こんな詐欺、本当に起こせるのか!?という場面が多々
出てくるのでなおさら驚いてしまいます。
ラストはけっこう良い感じで心温まる作品でした。
 トム・ハンクスが主演ではない作品って珍しいなとも
思いました(本編とは関係ありませんが)
posted by フツラマ at 22:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31420482

この記事へのトラックバック

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
Excerpt: トラックバックさせて頂きますので、よろしかったらトラックバックをお待ちしております。 天才的な詐欺の才能を持つ少年と、彼を執拗に追う捜査官との追跡劇を軽妙なタッチで描いたクライム・コメディ・ドラマ。 ..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2007-03-19 20:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。