2007年01月14日

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

監督 スティーブン・スピルバーグ
出演 レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス
   クリストファー・ウォーケン マーティン・シーン

両親の離婚をきっかけに単身ニューヨークに出てきた
ディカプリオ扮する少年がお金に困り詐欺を働く。
その詐欺事件を追いかけるのがトムハンクス演じる捜査官。
二人の追いかけっこが観ていてドキドキさせられます。
特に驚いたのがこの話は実話が元になっている事です。
こんな詐欺、本当に起こせるのか!?という場面が多々
出てくるのでなおさら驚いてしまいます。
ラストはけっこう良い感じで心温まる作品でした。
 トム・ハンクスが主演ではない作品って珍しいなとも
思いました(本編とは関係ありませんが)
posted by フツラマ at 22:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

ゴッドファーザー

監督 フランシス・フォード・コッポラ
出演 マーロン・ブランド アル・パチーノ

言わずと知れた超有名作。
大河ドラマというか家族ドラマというか
壮大なスケールの作品です。
時間的には長い部類の作品ですが、そんな事を
気にせずあっと言う間に見てしまいました。
のちのギャング映画に影響を与えた1作で
あることは間違いないと思います。
マーロン・ブランドやアル・パチーノの渋い
演技が魅力的です。
見ておいて損は無い映画です。


posted by フツラマ at 23:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

珈琲時光

監督 侯孝賢
出演 一青窈 浅野忠信

神田神保町など、現代だが何か懐かしい街並が
舞台の映画です。これといって大事件が起きる訳でもなく、
淡々と日常が過ぎて行く作品ですが、その中で過ごす
一青窈と浅野忠信が何かすごく馴染んでこんな生活を
してみたいと思ってしまいます。それから全く個人的
なんですが学生時代、神保町を行き来していたので
尚更この街に愛着を感じてしまいます。
posted by フツラマ at 13:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋する惑星

監督 ウォン・カーウァイ
出演 フェイ・ウォン 金城武 トニー・ レオン 
   ブリジット・リン

フェイ・ウォン、トニー・レオン出演の香港映画。
特に好きなのが、劇中に流れる「夢のカリフォルニア」です。
この曲のかかり方が絶妙で、見終わった後は、この曲を聞くと
パブロフの犬のごとく「恋する惑星」を思い出します。
またクリストファー・ドイルのカメラワークを独特で
映像としても観てて飽きません。
posted by フツラマ at 13:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月光の囁き

監督 塩田明彦
出演 水橋研二 つぐみ 草野 康太 井上晴美

恋愛の形には色々あるのだなあと感じた作品でした。
お互いが分かり合えれば、他人からは???と思える行動でも、
だれも邪魔できないのかも、、、と考えさせられます。
主演の水橋研二とつぐみの高校生の演技が初々しいです。
自転車で2人乗りしてる場面なんて青春って感じです。
その後の2人の行動こそが、青春なのでしょうが、、、、。
posted by フツラマ at 13:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グーニーズ

監督 リチャード・ドナー
出演 ショーン・アスティン ジョシュ・ブローリン 
   ジョフ・コーエン コリー・フェルドマン 
   キー・ホイ・クァン

子供たちが、海賊が隠した財宝を探し出すアドベンチャー作品。
小さい時に見た作品ですが、今、DVDで見直しても面白いです。
子供たちのキャラクターが生かされていて、その活躍を思わず
応援したくなる元気の出る作品です。DVDでは特典として、大人に
なった出演者達が登場しています。面影ある人、無い人と様々です。
posted by フツラマ at 13:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キルビル vol.2

監督 クエンティン・タランティーノ
出演 ユマ・サーマン デヴィッド・キャラダイン 
   ダリル・ハンナ

元々1つの作品だった、キルビルを時間の関係上2部作になり、
その後編。
まるで2部作のようにvol1と2で作品の雰囲気が変わっている。
1のような派手さはないが、タランティーノ好きには納得の
いく作品だと思います。香港映画を意識しまくった、
パイメイの登場シーン、エルドラーバーとの対決が
引き込まれました。確かに時間を縮めて1本の作品なんかに
するより2作にして正解と思えるような見所満載です。
posted by フツラマ at 12:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キルビル vol.1

監督 クエンティン・タランティーノ
出演 ユマ・サーマン ルーシー・リュー 
   ダリル・ハンナ 栗山千明

タランティーノ久々の監督作。はっきり言って好き勝手やってます。
自分の好きな映画のテイストを見事にタランティーノ節に変換して
盛り込んでいます。好きなシーンはラストの日本の料亭での
ゴーゴー夕張(それにしてすごいネーミング!)演じる、栗山千明
との決闘です。
posted by フツラマ at 12:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンフーハッスル

監督 チャウ・シンチー
出演 チャウ・シンチー, ユン・ワー

少林サッカーのチャウ・シンチー監督の作品。前回のサッカーと
カンフーを融合させた作品とは異なり、カンフーそのものを
メインにした作品です。
観ていくうちに、チャウ・シンチーが主役というよりカンフー
そのものが主役のような気がしてきて、チャウ・シンチーの
カンフーに対する情熱みたいなものが私には感じました。
これはブルース・リーを意識した場面がいくつあった点からも、
なおさらそう思ってしまいました。
また、この映画は少林サッカー同様CGが多様されていて、
とにかく派手です!
posted by フツラマ at 12:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガタカ

監督 アンドリュー・リコル
出演 イーサン・ホーク ユマ・サーマン ジュード・ロウ

自分の人生がDNAで全て決まってしまっているという、考えると
怖いSF映画。主役のイーサンホークが、決められた人生を変えるために、
別の人間(ジュードロウ)に成り済まして生きていく、、、と
サスペンスちっくですが、未来社会、特に発射場等の非常に映像が
綺麗でした。ラストが、うーむ、と考えさせれる話です。
posted by フツラマ at 12:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族ゲーム

監督 森田芳光
出演 松田優作 伊丹十三 由紀さおり 宮川一朗太

松田優作が家庭教師役で受験生宅でのやりとりを描いた
異質な作品です。話自体も、そんなに大事件が起きる
わけでもなく、、、でも変わった作品です。
登場人物がクセのあるキャラ&行動をとり、何とも
いい表せない不思議な映画です。
ラストが印象的です。松田優作=アクション映画
というイメージしか無い人には、是非観てもらいたいです。
posted by フツラマ at 12:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。