2009年05月06日

バットマン ビギンズ

監督 クリストファー・ノーラン
出演 クリスチャン・ベール リーアム・ニーソン
   ケイティ・ホームズ マイケル・ケイン
   ゲイリー・オールドマン モーガン・フリーマン 渡辺謙

ティム・バートン製作のシリーズとは異なる新生バットマンです。
バットマン自体観たことがなく、てっきりスーパーマンや
スパイダーマンと同じように特殊能力を持ったヒーローモノと
思っていたのですが、、、この誕生を描いた本作を観ることで
印象が変わりました。
バットマンのスーツ、武器、バットモービルがちゃんとどの様に
作られたかも過程が描かれており、誕生の描写は徹底されていました。
バットモービルのデザインも渋く主役のクリスチャン・ベールが
欲しがったそうですがそれも頷けます。


posted by フツラマ at 12:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

ファイト・クラブ

監督 デビッド・フィンチャー
出演 ブラッド・ピット エドワード・ノートン
   ヘレナ・ボナム・カーター

物が氾濫する現代社会に対する投げかけを描いた映画と
私はこの作品をとらえました。
物に頼る・気にすることなく人間の生身の体で生き抜くという
意表を突かれたテーマに衝撃を受けました。
とにかく観て衝撃を受けて欲しいです。ただ暴力描写が多々あるので
その点を了承頂きたいのですが、それを踏まえても観て
欲しいで作品です。
サブリミナル効果など映像的にもとても凝っていて飽きさせません。
posted by フツラマ at 22:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ひみつの花園

監督 矢口史靖
出演 西田尚美 利重剛 加藤貴子 田中規子 鶴田忍

お金にしか興味の無いOLが、銀行強盗事件をきっかけに
大金を手に入れようとする、コメディ。
その手段が、すごい地道と言うか、ある意味真面目で笑えます。
主演の西田直美が、本当にいい味出しています。
素直に笑えて、嫌な事とか吹き飛ばしてくれる作品です。
posted by フツラマ at 21:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羊たちの沈黙

監督 ジョナサン・デミ
出演 ジョディ・フォスター アンソニー・ホプキンス 
   スコット・グレン

ジョディ・フォスター主演のサイコサスペンス。サイコ
サスペンスという言葉を有名にした映画ではないでしょうか?
殺人鬼の恐怖を描いたメインに描いた映画であるのですが、
クラリス演じるジョディとレクター役のアンソニー・ホプキンス
二人の関係を話に深みを増し、これがただのサスペンスの枠に
踏みとどませることなく有名にしたのではないかと思います。
サスペンスとかは苦手と言う方も(確かにちょっとキツい
場面はありますが)人間描写の深さなど観る価値は
たくさんある映画です。
posted by フツラマ at 21:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パルプフィクション

監督 クエンティン・タランティーノ
出演 サミュエル・L・ジャクソン ジョン・トラボルタ 
ユマ・サーマン ブルース・ウィリス 
ハーベイ・カイテル ティム・ロス

タランティーノ監督の名を轟かせた傑作。ストーリー、キャスト、
音楽と言う事無し。こんな話の流れの作品観たことないという
感じの映画です。暴力描写が苦手な人は、ちょっと、、、な
場面もありますがそれを考慮してもお勧めです。
 いくつかのオムニバスのようでいて、全て繋がっている、
しかも時間軸がグチャグチャ、、、なんですが、ちゃんと
まとまっている。という、とにかく観てもらいたい作品です。
posted by フツラマ at 20:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遥かな時代の階段を

監督 林海象
出演 永瀬正敏 大嶺美香 南原清隆 佐野史郎 
杉本哲太 宍戸錠 鰐淵晴子 岡田英次

「濱マイク」シリーズ第2弾。今回は家族をテーマに
濱マイクの両親が登場します。
この両親がなかなか強烈で、、、。
大岡川に住む、白い男という都市伝説が、この作品の
メインなのですがこの怪しさが横浜とマッチしていて
絶妙です。また、大岡川の美しさ(最初の桜が舞って
いる場面)も見所の一つです。
posted by フツラマ at 20:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バトルロワイヤル 特別篇

監督 深作欣二
出演 藤原竜也 前田亜季 山本太郎 栗山千明 
   柴咲コウ 安藤政信 ビートたけし 

色々と世間を賑わした問題作。テーマ自体が同級生を
殺し合うというショッキングまもの。原作を最初に知り、
映画化されると聞き、自分はまず観ない(残酷なのは苦手)
と思ってたのですが、あまりに話題なので観てしまいました。
当初の予想に反して、確かに描写は残酷な場面が多々
ありましたが、人間って?社会って?倫理って?
と考えさせてくれました。
個人的には、特別編の方が好きです。
ラストシーンにおいては、公開版は子供に向けて、
特別篇は大人に向けてという感じがしました。
posted by フツラマ at 20:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックトゥザフューチャー3

監督 ロバート・ゼメキス
出演 マイケル・J・フォックス クリストファー・ロイド 
   メアリー・スティーンバージェン
   リー・トンプソン トーマス・F・ウィルソン

シリーズ最終作。今回タイムマシンで行くのは西部劇そのままの
開拓時代。単純に西部劇の一つとして、楽しめます。
ラストの新たな(?)タイムマシンにも驚かされました。
「4」も作るとう話はどうなったのでしょうか、、、?
見たいような見たくないような、、、。
posted by フツラマ at 20:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックトゥザフューチャー2

監督 ロバート・ゼメキス
出演 マイケル・J・フォックス クリストファー・ロイド
   リー・トンプソン トーマス・F・ウィルソン

「1」の最後から始まる本作ですが、「3」にも繋げるため
意外と話はややこしいのですが、それより、ここで描かれる
未来の街が面白いです。
3Dになってるジョーズや、大画面TV(これはもう現実に
なった?)などなど、でもやっぱり一番はホバーボート。
スケボー感覚で宙を滑空したいです!!
posted by フツラマ at 20:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックトゥザフューチャー

監督 ロバート・ゼメキス
出演 マイケル・J・フォックス クリストファー・ロイド
   リー・トンプソン トーマス・F・ウィルソン

主人公の高校生が、タイムマシンに乗って過去へ行き、両親が
結婚するのを手助けする話。やっぱり、マイケルJフォックス、
クリストファーロイド等、出演陣が良い演技しているところが
見所です。あとタイムマシンが普通の車(デロリアン)という
のも新鮮です。
posted by フツラマ at 20:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裸足のピクニック

監督 矢口史靖 
出演 芹川砂織 浅野あかね 
   梶三和子 Mr. オクレ 泉谷しげる

今ではヒットメーカーの矢口史靖監督の劇場デビュー作です。
手作り感があり、何か親しみやすい感じがします。
しかし、内容はかなり衝撃的です。
今の、青春映画ぽい感じとは全く異なり、ブラック
コメディです。主人公の女子高生がただ不幸になっていく
だけと、、、そのなりかたも笑うしかないぐらい強烈です。
ちなみの、この作品もそうですが、矢口監督の作品の
主人公の名字はいつも「鈴木」です。
身近にいそうな名前だからとか、、、。
posted by フツラマ at 20:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザード

監督 ポール・アンダーソン
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ ミシェル・ロドリゲス

人気ゲームの映画化。ゲームの人気に頼る事無く、ホラー
アクション映画になっていました。主役のミラジョボビッチの
アクションに釘付けになる見ごたえある作品でした。
posted by フツラマ at 20:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。