2007年07月29日

インディ・ジョーンズ 4撮影開始

ちょっと前の話題ですがインディ・ジョーンズ 4が
6月に撮影開始したそうです。
インディ・ジョーンズ 4で検索するとあちこちに記事が。
前作からもう18年もたってるんですね。
まさか、今ごろになって続編が作られるとは思って
いませんでした。期待もあり不安もあり、、、
どうなる事やら、、、。映画館で観たいと思わせる
作品になっていることを願っています、、、。

posted by フツラマ at 20:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

時をかける少女

監督 細田守
声優 仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 原沙知絵

筒井康隆原作のアニメ化。正確には原作の後日談というか
続編ですが、特にそんな事は気にせず観て問題ありません。
タイムスリップというSF的要素と青春映画がうまく
ミックスされた作品。
高校生活が舞台になっていて大人になった自分にとって
観ていて懐かしく、何か甘酸っぱさを感じました。
主人公の感情表現にも好感が持てました。

posted by フツラマ at 22:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

「LOST」J.J ABRAMSの謎の映画

海外ドラマ「LOST」のプロデュースや「ミッション・インポッシブル3」の監督して有名なJ.J ABRAMSがプロデュースする謎の映画
「1-18-08」(日本公開日未定)の予告編が米アップルのサイトで
公開されています↓
http://www.apple.com/trailers/paramount/11808/

「LOST」好きは興味を持ちそうな予告編です。
はっきり言って全然内容は分からないのですが、、、。
是非早く日本でも公開して欲しいです。


posted by フツラマ at 22:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

「ゾディアック」を観た!

「ゾディアック」観てきました。
新聞のイラスト担当者と刑事の、長期に渡る連続殺人犯究明を
描いた実話ベースの映画です。
実話を映画化したからかもしれませんが、今までの
デビッド・フィンチャー作品とは雰囲気がだいぶ違いました。
かと言ってつまらないわけではなく、170分と長編にも関わらず
ダレる事なく最後まで見入ってしまいました。
ゾディアックの奇怪な行動にインパクトがあり、これが実話と
思うと非常に恐ろしいと感じました。

そういえば劇中にドラマ「LOST」のジャックの父さんの役者が
いたような、、、。

こんな本を見つけました↓


posted by フツラマ at 23:06| ☔| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

mixiとブログを連携!

mixi内でたまに日記を書いていましたが、今回から
ブログと連携させる事にしました。
mixiの日記をクリックする事で、こちらのブログに
飛べるように設定しました。
mixi経由の方、改めてよろしくお願いします!

最近、更新が滞っていたのでこまめに更新できればと、、、。
今、気になるのは「ゾディアック」です。
面白いという話を聞いたので時間があれば観たい作品です。
posted by フツラマ at 22:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

「スパイダーマン3」を観た!

5月1日に公開されたスパイダーマン3を観てきました。
ネタバレになるので詳細は控えますが、主役のピーター・
パーカーもさることながら、友人のハリー・オズボーンもキャラが
立っていて良かったです。「1」を観たときからこれは
恋愛映画だと思ってましたが、3作を通すとさらにその要素が
確立されたように思います。
もちろんアクションも前作にも増して激しく、大画面で
観ると大迫力でした。是非劇場で観て欲しい作品です!!
posted by フツラマ at 15:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

日劇が取り壊し!!

横浜の黄金町にある「横浜日劇」が4月に取り壊しとの事です。ショックです!!
この映画館の存在を知ったのは映画「濱マイク」シリーズでした。
日劇の2階が探偵事務所という設定(実際にセットもそこに
組まれていた)のこの映画は大のお気に入りの作品でした。
探偵事務所が立て壊しの時に行われた濱マイク上映会も
懐かしい思い出です。
こんな思い入れのある場所が無くなってしまうとは本当に
残念で仕方ありません、、、。

カナロコより↓
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiimar166/
posted by フツラマ at 23:11| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

黒いスパイダーマン!?

日本では5月に公開される「スパイダーマン3」。
このシリーズは大好きで劇場はもちろんDVDも
買ってしまったほどです。
予告編が公開されましたが、うーん、面白そう。
今回で完結?とも言われているので、これまでの
話がどう決着つくかも気になります。
事前に1、2のDVDを見直して復習しようかな。

公式サイト↓
http://www.sonypictures.jp/movies/spider-man3/site/
posted by フツラマ at 23:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

12人の優しい日本人

監督 中原俊
出演 塩見三省 豊川悦司 相島一之 上田耕一

もし日本で陪審員制度があったらという物語。
役者達の演技がうまい。どんどん話に引き込まれてしまい
ます。また自分たちで判決を出す為に事件の謎解きまで
してしまう推理物の要素を含んでいるいます。
ユーモアを交えて話は進みますが、これから本当に実施
された時に自分は有罪・無罪を決める事ができるのかと
いう不安も、この作品を観ていて感じてしまいました。




posted by フツラマ at 15:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

「それでもボクはやってない」を観た!

さっそく観てきました。
今まで観た裁判をテーマにした映画やドラマとは
全く違いました。そもそもテーマにしている視点が
違っています。
私が観てきた裁判モノは、あくまでも裁判の勝ち負けを
扱ったものでしたが、この作品は、どのようにして
判決が導かれるのかその過程を見せるモノでした。
パンフレットの監督のコメントによるとリアルな表現を
目指したとの事です。 裁判には傍聴した事はありま
せんが、この映画が現実に忠実に描かれているのならば
裁判、司法制度というものの認識が変わりました、、、。

「十人の真犯人を逃すとも,一人の無辜(むこ)を罰することなかれ」
posted by フツラマ at 00:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。