2007年02月06日

気になる映画

今、公開中の邦画「それでもボクはやってない」が
気になります。
えん罪をテーマにした裁判映画。最初はあまり
ピンと来なかったのですが、特集番組や記事を見て
いたらこれは面白そうかも?と思うようになりました。
裁判員制度がこれから開始されるし、裁判も他人ごとでは
なくなってくるので、そんな意味でも、このような作品に
触れるのも良いのかなと、、、。
ま、まずは見てみないと評価できないといえば
それまでですが(^^; 早く見てみたいです。
posted by フツラマ at 23:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

動画配信

GyaoやYahoo動画等のサイトでは無料で
映画が上映されています。
しかもマイナーな作品ではなく、知名度の
ある作品が。便利な世界になったなあ、、、と。今後も
回線速度がさらに増すと高画質・高音質が期待できそうです。
ただ、いずれもMacには対応していません、、、。
BootCamp経由で観る事はできるのですが、やはり
OS X上でも対応して欲しいものです。
posted by フツラマ at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

iPodで映画を観られる日は、、、

アメリカではiTunesStoreで映画が発売されて
いますが、日本ではさっぱり音沙汰なし、、、。
ちなみにiPhoneの発売も、、、、。
iPhoneのような大画面で通勤途中に映画を
観られればなあ、、、と思う今日この頃。
posted by フツラマ at 21:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

監督 スティーブン・スピルバーグ
出演 レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス
   クリストファー・ウォーケン マーティン・シーン

両親の離婚をきっかけに単身ニューヨークに出てきた
ディカプリオ扮する少年がお金に困り詐欺を働く。
その詐欺事件を追いかけるのがトムハンクス演じる捜査官。
二人の追いかけっこが観ていてドキドキさせられます。
特に驚いたのがこの話は実話が元になっている事です。
こんな詐欺、本当に起こせるのか!?という場面が多々
出てくるのでなおさら驚いてしまいます。
ラストはけっこう良い感じで心温まる作品でした。
 トム・ハンクスが主演ではない作品って珍しいなとも
思いました(本編とは関係ありませんが)
posted by フツラマ at 22:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

マリー・アントワネットが気になる。

最近よくCMで見かけるようになりましたが
マリー・アントワネットが1月20日に公開されます。
歴史物は難しい、固いという先入観があってあまり関心が
無かったのですが、この映画は気になります。
ソフィア・コッポラが監督なので女性が撮った
歴史物はどのようになるのか興味があります。
posted by フツラマ at 23:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

時計じかけのオレンジ

監督 スタンリー・キューブリック
出演 マルコム・マクドウェル パトリック・マギー

この作品の存在を知ったのは、内容が過激で公開後は
ビデオ化がしばらくされていなかったという噂からでした。
その後、ビデオを見つけ鑑賞したときの衝撃はすごかった
です。外面的も内面的も暴力を描写した映画でした。
この作品のような世界が、未来には起こりうると思わせる点も
怖さを増幅させた要因の一つです。
ただ暴力的描写を見せつける作品ではなく、なぜこのような事に
なったのか深く考えさせられた映画でした。
近未来が舞台ですが、独特の未来像が洒落いて音楽も耳に
残る印象的なものでした。
posted by フツラマ at 23:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

ロスト・イン・トランスレーション

監督 ソフィア・コッポラ
出演 ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン

ゴッドファーザーのフランシス・フォード・コッポラの娘
「ソフィア・コッポラ」が監督した映画。
日本を舞台に外国人の男女の交流を描いた作品。
普段見慣れた日本の風景が監督の撮り方次第で、見え方が
こんなに変わってしまうのがスゴイと思いました。
劇中でメインの舞台になっているパークハイアットに
泊まりたくなりました。

posted by フツラマ at 23:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ら行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

ファイト・クラブ

監督 デビッド・フィンチャー
出演 ブラッド・ピット エドワード・ノートン
   ヘレナ・ボナム・カーター

物が氾濫する現代社会に対する投げかけを描いた映画と
私はこの作品をとらえました。
物に頼る・気にすることなく人間の生身の体で生き抜くという
意表を突かれたテーマに衝撃を受けました。
とにかく観て衝撃を受けて欲しいです。ただ暴力描写が多々あるので
その点を了承頂きたいのですが、それを踏まえても観て
欲しいで作品です。
サブリミナル効果など映像的にもとても凝っていて飽きさせません。
posted by フツラマ at 22:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

2001年宇宙の旅

監督 スタンリー・キューブリック
出演 キア・デュリア ゲイリー・ロックウッド

SF映画の金字塔と言われる大作。人類の誕生から
進化までを描いた作品。
正直言って初めて観たときは理解できませんでした。
小説を読んでやっとこんな感じかなと思えた映画でした。
私はこのような方法で解釈しましたが、小説を必ず
読む必要は無いし観た人それぞれの解釈があって良いと
思います。あまり推薦してるような書き方をしていませんが
是非観て欲しい、そして考えて欲しいそんなSF映画です。
posted by フツラマ at 20:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(な行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

あけましておめでとうございます!

本年はさらにペースアップして映画について
書いていこうと思います。
もし、お勧めありましたら是非教えてください!
posted by フツラマ at 23:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。